スタッフブログ

★我が家の猫たち★

こんにちは☆

看護師の国政です(^v^)

梅雨まっただ中で、ジメジメが嫌な今日この頃ですがみなさんお元気に過ごしていますか?

私は変わらず元気です!!私事ですが、つい一週間くらい前に髪の毛をバッサリ✄と切っちゃいましたヽ(^。^)ノ多分15センチくらい・・・

ある飼い主様には。。。「何かあったの?」と笑顔で聞かれましたが、良いのか悪いのか何もないのです。(笑)

良くも悪くも何かあればいいのですが・・・(*^_^*)

 

話は変わりまして今回は、我が家の新人ネコちゃんの紹介です☆彡前もチョロットブログに出演したんですが・・・

今年の1月に新しく家族を迎えました!!名前は「タオちゃん」と言います★

生後9カ月ほどで、とーーーーーっても、やんちゃな女の子です!毎日同居の猫が怒るくらいじゃれあっています(笑)

お家に来たばかりの頃は、FVRという感染症にかかっており目ヤニと鼻水でグショグショでした((+_+))

でも今では目ヤニも鼻水も治まり、可愛い女の子になりました。病気の頃からこの子は絶対可愛くなるだろうなぁ~と、思っていましたが、ここまで可愛いとわっっっ(*^_^*)

ちょっと寄り目なんですが、そこがまた可愛い!!もぉー、可愛くて毎日もみくちゃにしています(笑)

先住猫2匹とも仲良くできており、相性が良くて本当によかったです!!

IMG_1028

我が家にきて1か月くらいの頃です。まだまだ仔猫でコロコロしてました(=^・^=)

 

IMG_1408

先住猫のにゃんたと★一緒に寝ててほっこりしました(*^_^*)

IMG_1423

なぜかこの格好をよくしています。可愛いんですけど、しんどくないのかなぁ・・・?と、思ってしまいます(笑)

 

 IMG_1455

先住猫の紅ちゃんと★最近の写真です。

女子同士なのでいつも微妙な距離が・・・(^_^;)でも、怒ることはなくなり、たまーーに、一緒に寝ています。

 

初めは仲良くなれるか不安でしたが、遊んだりできるようになってよかったです。

また、成長ブログ書かせてもらいます♪

2015年06月21日 カテゴリー:スタッフブログ

☆うめの成長日記2☆

皆さま、こんにちは♪

看護師の小原です。

梅雨入りし、ヒトもわんちゃん・ねこちゃんも過ごしにくい時期に入りましたね。

ジメジメして体調も崩しやすいこの時期、皆さまも十分お体にはお気を付け下さいね(>_<)

 

さて今回は久しぶりに我が家の末っ子、うめの登場です☆

前回の初登場から約半年が過ぎました。

現在の姿はこうなっております!!

IMG_1114

 

4月末に1歳の誕生日を迎え、小柄だった体格も今は立派なお姿に♪(笑)

1歳を過ぎた頃から、なんとなく急激に大きくなった気がしますsurprise

今では自分のごはんをしっかり完食したあと、お姉ちゃん猫たちの分までボリボリと食べてしまいます。

IMG_1124

 

 うめは食道狭窄という疾患がありましたが、現在はある程度の大きさのものなら吐かずに食べれるようになりました。

検査がまだできていないのではっきりとしたことはいえませんが、おそらく体の成長とともに食道にも何らかの変化があったのではないかと

思います。

もうとにかく本当によく食べるんです!!

 

そしてめちゃくちゃやんちゃで歩いていると足に咬みついたり、10歳以上も年上のお姉ちゃん猫を追い掛け回したり・・・

お姉ちゃん猫達もうめのやんちゃにはタジタジです(-_-;)

IMG_1131

 

1番年上のさくらにはほぼ相手にされません♪

それでもめげずにちょっかいかけております。(笑)

 

 

これからもうめの生活を定期的に更新したいと思います(*^_^*)

IMG_1142

2015年06月14日 カテゴリー:スタッフブログ

★当院で内視鏡検査ができるようになりました★

今回は当院に新しく仲間入りした内視鏡をご紹介したいと思います!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食道、胃、小腸、大腸など消化器系の疾患を正確に把握するために、内視鏡は大変有効な医療機器です

CT検査などではわからない消化管内部の様子が鮮明に写し出されます。

 

 

上部消化管

・食道

・胃(幽門部、噴門部)

・十二指腸      

・異物誤食       など

 

今まで胃内異物は嘔吐させるか、それでも吐かない場合は開腹手術を行うことが多かったのですが

動物の負担は大きなものでした。

内視鏡を使用すれば専用の鉗子という器具を使いひっぱりだしてくることができます。

※異物の大きさによって対応法は異なります。

 

 

 

 

下部消化管

・大腸(直腸)

5b2e1fbb8ffe7f1d4692a6fd6fe3d6a2-400x308

わんちゃんによくみられる疾患「直腸ポリープ」は内視鏡検査を行う事でほぼ発見することができます。

先に場所・ポリープの大きさを確認しておくことで手術をスムーズに進めることもできます。

 

直腸の内視鏡検査はほとんどの場合無麻酔で行うことができます。(例外あり)

 

下記症状がみられた場合は一度当院へご相談ください。

便が細い

血便

下痢、粘膜便

 

 

内視鏡検査料金

①上部消化管内視鏡検査(全身麻酔)     ¥15.000

②下部消化管内視鏡検査(全身麻酔)     ¥15.000

 ③大腸(直腸)内視鏡検査(無麻酔)       ¥5.000

 

その他

・組織生検技術料                                   ¥5.000

 

※生検した組織を病理検査に出場合は別途費用がかかります。

 

詳しくは当院スタッフまでお尋ねください(*^_^*)

 

 

看護師      小原

 

 

 

 

2015年05月21日 カテゴリー:スタッフブログ

お花見(*^^)v

みなさん こんにちは♪

動物看護師の西川です!!

桜の時期があっという間に終わってしまい、ポカポカ陽気が気持ちのいい季節になってきましたね。

 

今年も、4月の日曜日に院長とスタッフみんなで、お花見と新しいスタッフの歓迎会を兼ねての食事会に行ってきました(*^_^*)

毎年の恒例行事になりつつあります!!

ここのお店は、桜を見ながら食事が出来るレストランで、夜になるとライトアップされて、とってもきれいなんです♡♡

私たちが行った日は、桜のピークを少し過ぎたあたりだったので、少ししか残っていませんでしたが・・・(^_^;)

それでも、十分楽しめましたよ☆彡

 

IMG_1519

 

桜を見ながらの、美味しい食事とお酒・・・。

至福のひとときでした(^^♪

IMG_1518

 

 

 

2015年05月09日 カテゴリー:スタッフブログ

★動物の心臓病研究会レポート(3月)★

3月の研究会では講師の先生をお招きし麻酔・疼痛管理についてのセミナーを開催しました。

 

今回の講師の先生は「小動物麻酔鎮痛サポート」の長濱正太郎先生にお越しいただきました!

一部検査や手術を行う際は動物に「麻酔をかける」ことが必要不可欠ですが、一口に麻酔といってもたくさんの方法があります。

部分麻酔(局所麻酔)や全身麻酔、薬剤にいたるまで方法はさまざまです。

 

今回のセミナーでは麻酔薬から鎮痛薬の種類・特徴を詳しく教えていただき、その後に各動物病院の麻酔方法などを紹介し

長濱先生からご指導いただく時間を設けました。

 

やはり麻酔というものは奥が深く、研究会会員からは質問の嵐で時間が足りなくなるほどでした(*^_^*)

当院の麻酔管理には動物看護師も大きく関わるため、今回のセミナーはとても有意義な時間になりました。

日々勉強しなければと改めて感じた一日でした。

 

 

終了後は道頓堀川が見えるお店にて懇親会を行いました♪

 

IMG_1034

みんなほろ酔いで良い気分です♪

 

また活動報告させていただきます。

 

小原

 

 

 

 

 

 

 

2015年04月16日 カテゴリー:スタッフブログ

Page 20 of 31« First...10181920212230...Last »